前へ
次へ

子供に教育を施すのは親の役目である

三つ子の魂百までと言う諺が示すように3歳頃までに受けた教育によって形成された性格は100歳になっても変わらないと言われていますが、これは極端な例ではありますがこのことは幼児教育の大切さを物語っています。
子供の頃に受けた教育はその人の人格を形成する上で大変重要な役割を果たしており、大人になってから180度性格を変えようと思ってもなかなか出来るものではないです。
だからこそ子供の頃の教育はとても重要で国も義務教育に力を入れているのですが、もちろん学校での指導には限界があり家庭での教育が大きな役割を果たすことになります。
ただ最近では共働きの家族が増えていることもあり子供に何かを教える機会が減って来ているのが現状ですが、短い時間であっても大切なことを子供に教えることは十分可能です。
仕事が忙しいからと言って子供とあまり話をしない状態が続くと教育上良くないので、時間に余裕がある僅かな時間であっても良いのでしっかりと子供とコミュニケーションを取ることが大切です。

Page Top