前へ
次へ

小学生で英語が必修になる時代にできる教育

2020年度から、小学校の5年生、6年生で英語が必修になります。
ただこれは、英単語を覚えたり英文法を丸暗記するような従来の英語教育とは違っています。
従来の英語教育では、読み書きはできるようになるものの英語で会話する能力はほとんど育まれませんでした。
英語の成績が良くてもこれではグローバルな学問とは言えません。
そこで、これからの英語教育では「聞く」「話す」に重点が置かれるそうです。
小学3年から外国語活動も導入されて、英語でゲームをしたり、歌ったりする授業も登場します。
家庭でも日頃から英語の曲を流したり、英語のゲームをするなどして親しんでおくといいでしょう。
今はパソコンゲームでも海外の作品が増えていますので、家族みんなで楽しみながらネイティブの英語に触れることもできます。
子どもは耳がいいので、すぐに意味を理解し簡単なフレーズなら使いこなせるでしょう。
日頃から気楽に英語に親しんでおくことで、苦手意識を植え付けずに済むのです。

Page Top