前へ
次へ

勉強時間の長さと結果は比例しません

自分の子どもは長い時間勉強をしているのに、思ったより成績が伸びていない、といった悩みはないでしょうか。
これは勉強の仕方に問題があることが多いです。
教育機関ではそれぞれの子どもの学習方法までは見てくれず、成績が悪いイコール単なる努力不足と判断されてしまいます。
家庭で親が勉強方法をチェックしてあげましょう。
まず、ノートをきれいに書くことにこだわる生徒は勉強ができないそうです。
ノート作成という作業に気を取られ、内容が頭には入らないからです。
しかも時間はかかるため「何時間勉強した」という誤った達成感で満足してしまうのも問題かもしれません。
同様に、教科書にカラフルにアンダーラインを引いている場合も要注意です。
これも単なる作業で、頭には何も残らないでしょう。
また、答え合わせの時に赤字で正解を書き足すだけの子どもも要注意です。
これでは失敗が次に生かせず、同じところでつまずき続けてしまいます。
これらの点に注意して子どものノートや教科書をチェックしてみましょう。

Page Top